欠陥検査

目視や手動による検査・計測の自動化を実現するために、課題解決に適した方法を選択し、高精度で高速な欠陥検査システムをご提案します。

欠陥を視覚化

光の当て方で見える欠陥
照明

欠陥を見つけたいとき、光の当て方で見えたり見えなかったりします。光の当て方、色などの組み合わせを工夫し再現します。

欠陥を区別

人は欠陥とそれ以外の物を区別しますが、撮像画像からは本来見つけたい欠陥と、その周りにある傷や汚れで紛れてしまい見分けにくい欠陥があります。各種フィルター処理を駆使し欠陥を浮き上がらせます。

フィルター処理などで浮き上がった欠陥

使いやすいソフトウェア

光る物の強度や色合いを検査測定したいとき、各種光計測機器を使い測定します。液晶パネル検査で培った技術で、光計測器の機能を引き出し、使い易いソフトウェアを提供します。

自動化システム

欠陥検査システム

製品の高機能化・高精細化に伴い、生産現場の検査負荷は増大しています。また労働人口減少に伴い、検査人員は不足していき、目視検査を自動化するニーズが高まっています。豊富なシステム化経験から最適な機器を選択しシステムを提供できます。