信号発生器ならテクノス TSシリーズ

FPD(フラットパネルディスプレイ)の試作モジュール点灯確認、動画・タッチパネルのデモンストレーション、タイミング評価、工程検査、エージング検査に威力を発揮します。

多機能ながらコンパクトで、従来の信号発生器より高解像度かつ高速表示切替を実現した新製品「TS-7000と、小型・軽量化、低価格を追及した「TS-300」でお客様のあらゆるニーズに対応しています。

TSシリーズの概要

有機EL/液晶モジュール全般の、試作モジュール点灯確認やデモンストレーション、各種評価の用途に、
  • タッチパネル付きFPDの検査・評価はパソコン不要、デモンストレーションにも便利、
  • 汎用入力にも十分なIFコネクタで、各種センサーと連動させてデモンストレーション、
  • 各種IF基板(オプション)を用意しています。複数モジュールの同時点灯や、また目的に応じて多様な使い方が可能です。
  • 工程検査向け操作ユニット(オプション)があり、技術評価から生産まで一貫したシステム提案が可能です。

テクノスの信号発生器を応用して、評価・検査システムを構築できます。システムの開発事例はこちらをご覧ください。

TS-7000 TSシリーズの最上位モデル

従来機種の機能を大幅に強化し、高速表示切替4K 60Hz出力を実現しました。

機能(enhanced) ・最大画素数:4K2K(3,840×2,160)
・データバス幅:LVDS x 8ch、CMOS 24bit×2ch 切替
・RGB 10bit 対応可能
・bmpファイルの高速切替:max 10M Byte/Sec(内蔵メモリ使用時)
・内蔵メモリとUSBマスストレージによるデータ保存でμSDカードなしでの運用
互換性 従来機種に対応した専用の基板は、IF変換基板(オプション)経由でそのまま使用できます
デモンストレーション HDMIによる動画表示は4K2K 30Hz(更新)まで対応可能
工程検査向け ・工程検査用操作ユニット(オプション)で、技術評価から生産まで一貫したシステム提案が可能
・イーサネット接続によるログデータのアップロード、USBメモリへのログデータ保存
デモ・評価用接続例

TS7K_IF

4K2K 駆動 eDP出力基板を用いた接続例

eDP

テクノス製品「TS-7000」のパンフレットダウンロードはこちらから

TS-300 わずか65gの小型・軽量性が自慢

誰でも使える簡単操作のデモモード表示、USBからの給電で動作可能な低消費電力、低価格がうれしい顧客配布用に最適なTS-300です。

機能 ・最大画素数:XGA(720×1,024)
※動画デモが可能なフルHD対応版(1,920×1,080)もあります
・静止画(自然画bmpファイル)は標準で 14枚まで登録可能
・RGB IF+SPI転送に関して標準出力
・テキストシーケンスに対応、登録は64種類
その他 ・複数点灯に対応
・CPU IFのモジュールに対しては機種対応プログラム開発が必要な場合があります
・Mipi、MDDIのモジュールに対して変換基板経由での点灯実績あります

テクノス製品「TS-300」のパンフレットダウンロードはこちらから