光学特性測定ならテクノス FMシリーズ

特長

FPD(フラットパネルディスプレイ)モジュールの各種光学特性(視野角特性、輝度、コントラスト、RGB色度、ガンマ特性、フリッカー、消費電力など)を自動測定するシステム「FMシリーズ」です。

高い拡張性と豊富なオプションが自慢です。基本構成は、輝度計、信号発生器、測定用専用ソフトウェアのシンプルなものですが、お客様の要望に応じて、システムアップが可能で自由度の高い測定環境を構築します。

システム概要

ご指定の輝度計や信号発生器(テクノス製TS-5000も可能)の組み込みも可能です。各種輝度計や各種サイズのFPDモジュールに対応した測定ステージを提供します。

光学特性測定システム

測定項目

  • モジュール消費電流・輝度
  • コントラスト
  • 階調特性・クロストーク率
  • バックライト輝度
  • 視野角
  • RGB色度
  • 応答時間
  • フリッカー
  • その他(VESA,TCO99)対応可能

測定条件や設定をスクリプトファイル化できるので、自由度の高い測定環境を構築できます。測定データはエクセルで任意のレポート形式に自動出力可能です。

視野角ユニットの事例

より安定した測定を行うために、輝度計や測定対象のFPDを取り付ける測定ステージは重要です。視野角ユニットは、FPDの回転、移動をPCソフトで制御し、FPDの位置制御からデータ収集まで自動化できます。視野角方向へ回転の軸制御から、FPDの回転・傾斜・X軸方向移動と輝度計のY軸方向移動のような4軸制御まで対応します。

fm-stage

FM-R1-400H

FM-R1-400H

FM-R1-1500H

FM-R1-1500H

FM-R2-600H

FM-R2-600H-1000H

FM-R4-400H

FM-R4-400H-600H

システム化の事例

FM-7000

FM-7000

超大型FPD用(70インチ)
XYZステージ
回転ステージα・θ

FM-1100M

FM-1100M

小型FPD用(4インチ)
視野角ユニット:FM-R4-400H
信号発生器:TS-5000
最大8モジュールまで一括測定