TECNOS 徒然日記

   

>>テクノスホームへ

Vol. 37 2018年7月号


こんにちは。

先日の7月豪雨により被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

さて、平年よりも早い梅雨明けとなり、暑い夏がやってきました。
どうかご自愛ください。

夏の風物詩といえば、花火ですね。法律用語で「煙火」と呼ばれます。
花火のルーツは、秦の始皇帝の時代に万里の長城などで通信手段として使われた
「狼煙(のろし)」にあるそうです。日本へは16世紀の戦国時代に南蛮人に
よって、鉄砲とともに伝えられ、このころは合戦の合図として用いられてました。
現在のような遊びや観賞用の花火が登場するのは、江戸時代からです。

花火について知りたい時に便利なサイトがこちら。
日本の煙火(打揚花火・おもちゃ花火)企業(約300社)が
加盟する「日本煙火協会」のオフィシャルページです。

公益社団法人 日本煙火協会

http://www.hanabi-jpa.jp/

花火製品には打ち上げ花火と玩具・おもちゃ用花火があります。
市場規模は圧倒的に打ち上げ花火が占める割合が大きいのですが、
その製造は、手作り工程が多く大量生産が難しいということから、
小規模な家内工業が中心で、売上高5億円/従業員20人以下の
中小規模企業ばかり、しかも年々減ってきているのが実情です。

打ち上げ花火について、
昔は、花火師さんが打ち上げ用の筒のそばで、導火線に直接火を
付けていました。危険ですねえ、、、

そこで、安全確保のため、筒から数十メートル離れたところまで、
長い電気導火線を引いて、点火スイッチで着火するようになりました。

近頃では、複数の花火を組合せてより複雑に連続的に、音楽とコラボして、
エンタテイメントとして楽しめるようになってきています。
「どの花火をどういうタイミングで打ち上げるか」をプログラミングし、
プログラムに従って打ち上げるというコンピュータ制御が導入されています。
プログラミングは花火デザイナーさんのお仕事です。

花火師を職業にする場合は、資格として火薬類取締法に定めるところの
火薬類製造保安責任者免状が必要です。さらに、花火製作には10年以上
の修行が必要といわれ、なかなか厳しい職人世界のようです。

余談ですが、打ち上げ花火の時に「かぎや~」とか「たまや~」という掛け声が
よく聞かれますが、江戸時代に活躍した「鍵谷弥兵衛」、「玉屋市郎兵衛」という
花火師の屋号だそうですよ。

さて、今月は「シートピンホール検査装置」の紹介です。

□■ 今月の内容 ━━━━━━━━━━━
1.シートピンホール検査装置の紹介
2.編集後記

■□■―――――――――――――■□■――――――――――――■□■
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃シートピンホール検査装置の紹介
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2次電池セパレータや絶縁シート等シート状ワークのピンホール欠陥を
検出する検査装置です。
1.2mの長尺シートを60秒という速さで、最小径10μmのピンホールまで測定。
ピンホールの検出だけでなく、穴径・面積の計測や周期計算も可能。
低価格です。

【特長】
・リアルタイム高速処理
・秒間5000ライン×7400画素の大容量画像データを高速画像処理
・撮影と画像処理を並列処理

【基本仕様】
検査項目: ・ピンホールの検出
・ピンホールの穴径・穴面積の計測、位置座標算出
・OK/NG判定
・ピンホール周期計算
検査対象: 2次電池セパレータ検査、絶縁シート検査、有孔シートの穴形状検査
その他シート状フィルム、金属薄膜の欠陥検査
カメラ:  ラインセンサカメラ 7400画素
測定分解能:ピンホール径測定分解能:5μm
最小検出穴直径:10μm
測定時間: ラインセンサカメラ3台で並列撮影、
試料サイズ100mm×1200mmの場合、わずか60秒
光源:   透過照明、白色LED光源

測定分解能、測定時間等、ご相談に応じます。
詳しくはお問合せください。
・メールから info@tecnos-net.co.jp
・お電話から 0742-30-2568(営業窓口)
・FAXから 0742-36-3052

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃編集後記
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「狼煙」の語源について、
古くから、中国では、藁などに狼の糞を混ぜて焼くと煙が拡散せずに垂直に
上がるといったことから、情報伝達に用いられたとされています。
草食動物の糞は繊維質が多く早く燃えてしまうのに比べ、肉食動物の糞は、炎が
あがらず煙が長く出続けるそうです。
日本では狼の糞が手に入りにくかったため、火薬などで代用したとのこと。

■□■―――――――――――――■□■――――――――――――■□■


コメントを受け付けておりません。