TECNOS 徒然日記

   

>>テクノスホームへ

Vol. 36 2018年6月号


こんにちは。

6月(水無月)となりました。
梅雨の時期なのに、水無し?ですが、旧暦では7月の暑い時期になります。

近畿地方の梅雨入りは、6月6日ごろと発表されました。
今年は、平年よりも1日早く、昨年に比べると2週間程度早い梅雨入りとなってい
ます。昨年の春はなかなか暖かくならず、桜の開花も遅れましたネ。

梅雨は、春から夏に移り変わる時、その前後で雨が多くなり、日照が少なくなる
季節現象です。梅雨の入り明けには、「移り変わり」の期間として平均的に5日
間程度を見込んでいるそうです。
気象庁では、それまでの天候とその先1週間の予報をもとに、天候が変わりはじ
めたと判断した場合に、「○月○日頃、梅雨入り(/明け)したとみられます」
と公表しているとのこと。

「気象庁の梅雨入りと梅雨明け(確定値)」

http://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/baiu/index.html

昭和26年(1951年)からの、梅雨入り明け、降水量のデータを見ることができま
す。東北北部が昨日から梅雨入りと、全国的に雨の季節になりました。

ちょっと気になって、気温の長期変化傾向についても見てみると、

http://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/temp/an_jpn.html

日本の年平均気温は、長期的には100年あたり約1.19℃の割合で上昇しています
が、特に1990年代以降、高温となる年が頻出しているとのこと。これは世界の平
均気温も同じ傾向で、地球温暖化が進んでいるということでしょう。

日本の年降水量

http://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/temp/an_jpn_r.html

1898年以降、年ごとの変動が大きくなっています。ただ、2010年以降はそれほど
変動は大きくなく、雨量が増える傾向かなという感じです。
さて、今月は「イメージ分光式全面膜厚測定機」の紹介です。

□■ 今月の内容 ━━━━━━━━━━━
1.イメージ分光式全面膜厚測定機の紹介
2.展示会来場のお礼
3.編集後記

■□■―――――――――――――■□■――――――――――――■□■
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃イメージ分光式全面膜厚測定機の紹介
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「JPCA Show 2018」に出展した全面膜厚測定機の紹介です。

テクノスの全面膜厚測定機は、
1度の撮像で、測定物1ライン分(ライン状エリア)の多点の分光特性を同時取得し、
独自アルゴリズム(相関法、FFT法)により膜厚を算出します。
測定物をスキャンすることで、測定物全面の膜厚を測定できます。

【特長】
1. イメージ分光式のカメラを使用し、大面積の膜厚分布を短時間で測定
・600×600点(36万点)の膜厚測定を、わずか60秒で測定完了
・結果はリアルタイムに表示
・1秒当たり、6000点の測定速度
2. 全面の測定膜厚をイメージ化する事で、塗布コンディション、欠陥パターン
を可視化できます。問題解決が直感的に、スピーディーに行えます。
3. 測定要件に合わせて、測定幅、測定スポットサイズを容易に変更可能
最小スポットサイズ:0.1×0.1mm、測定幅:60mm
最大スポットサイズ:0.5×0.5mm、測定幅:300mm

【測定仕様】
・膜厚測定方式:白色干渉法
・膜厚測定範囲:0.5μm~5μm(相関法)、2μm~10μm(FFT法)
・膜厚測定速度:600点/秒(相関法)、6000点/秒(FFT法)
・測定幅/測定スポット径:測定幅300mm/測定スポット径0.5mm、
測定幅150mm/測定スポット径0.25mm

【その他】
・イメージ分光ユニットの仕様変更により、測定膜厚範囲の拡大および測定空間
分解能の向上が可能です。
・画像処理ボードの追加により、測定速度のさらなる高速化が可能です。
詳しくはお問合せください。
・メールから info@tecnos-net.co.jp
・お電話から 0742-30-2568(営業窓口)
・FAXから 0742-36-3052

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃展示会来場のお礼
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2018年6月6日、7日、8日に開催されました「JPCA Show 2018」では、
(株)写真化学ブースにて、テクノスのイメージ分光式全面膜厚測定機を紹介致
しました。ご来場いただきありがとうございました。
プリント配線板技術展ということで、膜厚測定は異分野の感もありましたが、弊
社が得意とする画像処理技術を活かした検査・計測システムで、皆様のお役に立
ちたいと考えます。
ご来場頂きました皆様に、今後ともどうかよろしくお願い申し上げます。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃編集後記
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
梅雨の便利グッズといえば傘でしょう!ということで、調べてみました。
〇逆転傘
上下さかさまに開く仕組みになっています。閉じると、濡れた面が内側になるた
め、洋服や荷物が濡れない、満員電車などの人ごみでも周りの人に迷惑をかける
ことが少なくなります。
〇ポキッと折れるんです
突風の際に、傘の骨が折れてしまって役に立たなくなったことはありませんか?
この傘なら平気。傘を再度閉じると元通りに!とのことです。

筆者は自家用車派なので、車の乗り降り時にどう頑張っても濡れてしまう状況で
悲しい思いをしているのですが、逆転傘なら大丈夫そうです。使ってみたいです。

■□■―――――――――――――■□■――――――――――――■□■