TECNOS 徒然日記

   

>>テクノスホームへ

Vol. 35 2018年5月号


こんにちは。

テクノスでは、9連休のゴールデンウィークとなりました。
のんびりと過し休みを満喫された方、家族サービスに忙しかった方、
お仕事で連休はなかったという方、などなど、いかがお過ごしでしたでしょうか?

さて、ゴールデンウィーク真っただ中の5月1日は、メーデー(英語で「May Day」)
です。この日は「労働者の日」とも呼ばれ、世界中の労働者達が労働の権利を主
張した集会やデモを行う日で、80以上の国が祝日として定めています。日本では
祝日ではありませんが、労働組合のある企業にお勤めの方は実質お休みになりま
す。

メーデーは、1886年5月1日にアメリカの労働者がゼネラルストライキ(全国的な
規模で行われる労働争議)を行ったのが始まりと言われれています。当時アメリ
カでは、1日12時間から14時間労働は当たり前でした。しかも低賃金。
この動きが世界の労働組合に広まり、1890年には第1回国際メーデーが多くの国
で開催されました。
日本では1920年に第1回メーデーが東京・上野公園で開かれ、労働組合の活動と
ともに日本の労働者の地位や労働条件の向上などに役割を果たしてきました。
ちなみに、奈良では、今年の4月28日に第89回メーデー奈良地方大会が県庁前広
場で開催されています。メーデー大会に参加された経験のある方も多いと思いま
す。

□■ 今月の内容 ━━━━━━━━━━━
1.欠陥検出から修復まで統合システム化
2.JPCA Show 2018に出展します
3.編集後記

■□■―――――――――――――■□■――――――――――――■□■
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃欠陥検出から修復処理まで統合システム化
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
生産工程において、不良品の流出を防止するため、検査は不可欠です。
検査でNGになった製品は市場に出すことができないので廃棄処分になるのですが、
欠陥箇所を修復して再利用できる場合もあります。
例えば、基板の配線パターン検査で見つかった欠陥(断線/短絡)について、
欠損パターンを導電性インクで塗布したり、不要パターンを除去など修復を行い
ます。数十ミクロンの細線パターンの場合、顕微鏡で確認しながらの手作業は大
変です。自動化したいものです。

【検査から修復処理まで自動システム】
①検査ステージ
ラインセンサ方式による撮像
基板上の配線パターンの断線/短絡欠陥箇所を検出
最小10μmの欠陥検出
②ワークを修復ステージへ移動
③欠陥箇所を修復
検査ステージの結果情報(欠陥の種類、位置座標、サイズ、形状)を用いて欠陥を修復
導電性インク塗布、レーザによるパターン除去

【特徴】
・検査から修復まで一貫の統合システム
・検出した欠陥情報をそのまま修復ステージで利用
・修復ステージへ移動後の位置決めが不要

検査と修復が別システムの場合、修復工程ではアライメントマークを検出するな
ど位置決めが必要です。しかし、この統合システムでは位置決め不要でありなが
ら、高精度な修復が可能です。
検査ステージ・修復ステージ間の座標系が異なっても欠陥箇所の位置座標を自動変換
します。しかも、移動軸の機械精度まで考慮して座標値を補正します。

詳しくはお問合せください。
・メールから info@tecnos-net.co.jp
・お電話から 0742-30-2568(営業窓口)
・FAXから 0742-36-3052

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃JPCA Show 2018に出展します
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
展示会名:JPCA Show 2018(第48回国際電子回路産業展)-2018 プリント配線板技術展
開催日時:2018年6月6日(水)~8日(金) 午前10時~午後5時
開催場所:東京ビッグサイト
小間番号:7D-17 ((株)写真化学ブース内)
出展製品:イメージ分光方式全面膜厚測定機

http://www.tecnos-net.co.jp/ftm/products/is/

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃編集後記
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前回の4月9日配信のメルマガについてお詫び致します。
・ 訂正
「写真化学株式会社」 → 「株式会社写真化学」
・ 同じ内容のメールを重複してお受け取りになられた方に、
ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

今後ともお付き合いくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
■□■―――――――――――――■□■――――――――――――■□■