TECNOS 徒然日記

   

>>テクノスホームへ

Vol. 29 2014年11月号


空気が冷たくなってきました。晩秋ですね。紅葉が綺麗な季節です。

他国に比べると、日本は税金や保険料の負担が軽い国だそうです。
「え?!」と思われる方もいるでしょうが、国民負担率((税負担+社会保険料
負担)/国民所得)を比べると、デンマーク67%、フランス62%、スウェーデン
58%、ドイツ51%、これに対し日本は約40%です。

http://www.mof.go.jp/budget/fiscal_condition/basic_data/201402/sy2602o.pdf

ヨーロッパの国々では、医療費、学費(小学校から大学まで)が無料など、社会
保障が充実しているから。
例えば、デンマークでは、所得税が非常に高く、最高税率は60%も。でも失業し
た場合、給付率は前職の80%、給付期間は4年間と長くなっています。
日本は給付率45~80%、最長期間330日と、その差は歴然。

これらの高福祉国では、国民が「税は政府にとられるものではなく、投資のよう
なもの」と捉え、納税に対して高いモラルを持っているようです。国民だけでな
く、国の対応もちゃんとしています。スウェーデンは、政治の透明性や政治家の
モラルが、非常に高いことが知られています。情報公開が徹底され、政治活動の
すべての領収書が公開されます。
日本におけるヤミ献金や横領などの不祥事は考えられないそうです。

さて、時期については先送りの見込みが出てきましたが、消費税が10%になりま
す。どの程度財政赤字を削減できるでしょうか?65歳以上の高齢者が総人口の
25%以上という状態では、先行き不透明感も否めません。

今月は、点欠点画像処理検査機の紹介です。

□■ 今月の内容━━━━━━━━━━━

1.点欠点画像処理検査機の紹介
2.編集後記

■□■―――――――――――――■□■――――――――――――■□■

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1 ┃点欠点画像処理検査機の紹介
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

FPD業界では、高精細化が進むモバイル機器向け中小型パネルがの生産量が増大
しています。これに伴い、検査の自動化への要求も高まっています。
今回紹介する検査機は、テクノス得意の画像処理技術を生かした小型LCDパネルの
点欠点検査にフォーカスしたものです。

LCDパネルを点灯表示させ、表示状態をカメラで撮像し、撮像した画像データを
処理することにより,LCDパネルの輝点欠陥、暗点欠陥を自動検査します。

■特長
・欠陥画素を自動検出。目視検査と併用も可能
・欠陥のアドレス、色、欠陥種別の判別が可能
・欠点画像を保存管理することで、トレーサビリティ環境を構築

■概略仕様
・測定物:LCDモジュール(12インチ)
・検査項目:
  輝点 R、G、B、黒抜け
  暗点 R、G、B
・搭載機器:信号発生器 TS-5000(テクノス製)
・オプション:寸法測定機能、ギャップ測定機能

仕様、価格など、気軽にお問合せください。
 ・メールから info@tecnos-net.co.jp
 ・お電話から 0742-30-2568(営業窓口)
 ・FAXから 0742-36-3052 

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2 ┃編集後記
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先月の「◆奈良のテクノスよりお知らせ◆ Vol. 28」で、四神のウェルカムゲー
トについて書きましたが、いくつかミスがありました。
 ・「ウェルカムボード」ではなく「ウェルカムゲート」、
 ・「西は阪奈道路」ではなく、「第2阪奈道路(有料高速道路)」、でした。
その後、東の「青龍」の居場所に関する情報をいただきました。「大宮通の奈良
県庁前、奈良公園沿いの歩道にボードではなくタペストリーに描かれていた」は
ずなのですが、現在は見当たらないようです。経年劣化のために撤去されたか、
別目的に再利用されているのか、定かでありません。

■□■―――――――――――――■□■――――――――――――■□■


コメントを受け付けておりません。