TECNOS 徒然日記

   

>>テクノスホームへ

Vol. 27 2014年9月号


もう秋の気配ですね!
なんと、3か月も夏休みをいただきました「◆奈良のテクノスよりお知らせ◆」
です。

今年の夏は、あちらこちらでひどい局地的豪雨がありました!!

8月20日の広島市北部で起きた土砂災害は、あまりのことに言葉を失ってしまい
ました。あれから3週間以上経ちますが、現場では警察と消防、自衛隊による捜
索が続き、いまだに多くの方が避難生活を余儀なくされています。
17日は、京都。福知山の記録的な大雨で市街地が水没してしまいました。
その前の週は、奈良近辺でも前日の大雨に続く台風11号上陸のため、大和川の水
位が上がり、JRがストップ、道路が通行止めになるなど。冠水、避難勧告が出た
地域もありました。

自然の猛威を前にして、我々に為す術はないのでしょうか?

さて、気象庁に便利な防災情報サイトがあります。レーダーとアメダスなどの降
水量観測値から作成した降水量分布で、短時間の降水予測が動画で見られます。
移動の際にお役立てください。

①1時間毎の6時間先まで
解析雨量・降水短時間予報

http://www.jma.go.jp/jp/radame/

短時間の集中豪雨にはこちらが便利
②1kmの解像度で、5分毎の60分先まで
レーダー・ナウキャスト(降水・雷・竜巻)

http://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

更に詳しく、局所的大雨には、
③250m解像度で30分先まで、1kmの解像度でさらに30分先まで
高解像度降水ナウキャスト

http://www.jma.go.jp/jp/highresorad/

今月は、X線検査装置の紹介です。

□■ 今月の内容━━━━━━━━━━━

1.X線検査装置の紹介
2.編集後記

■□■―――――――――――――■□■――――――――――――■□■

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1 ┃X線検査装置の紹介
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、平成24年度「ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金」
を活用して、持ち運び可能な小型X線CT装置を開発していたのですが、5月末に終
了。当初の計画よりかなりコンパクトな装置になりました。これからはデモ機として
活用し、事業化のお役立ちグッズにしたいと考えています。

■今回試作したX線CT装置

【概要】
試料を360度サンプルを回転させ、あらゆる角度から断面層をX線撮影し、そのデー
タを再構成することで、試料の内部構造を知ることができます。

【試作機の仕様】
 ・装置寸法 500mm(W)×400mm(D)×230mm(H)
 ・装置重量 約30kg
 ・画像撮影 θ回転ステップ 最大200分割/1回転
 ・X線撮像視野 18mm×12mm

【機能概略】
 ・CTスキャン、断面画像表示
 ・CT画像の再構成、3D化
 ・3D画像表示

■X線検査の応用
非破壊で物体の内部を観測することができます。CTスキャンの機能がなくても、
X線撮影するだけで、内部の欠陥を検出できます。
例えば、
 ・基板、IIC等電子部品内部
 ・自動車部品や樹脂成型品
 ・パイプ内部(異物、溶接部の異常等)
 ・容器内部の充填物検査(気泡、異物、折れ等)
 ・金属板メッキの剥がれなどの欠陥
 ・コネクタ断線
 ・文化財の検査
 ・小動物などの生体調査
など、幅広く応用できます。

仕様、価格など、気軽にお問合せください。
 ・メールから info@tecnos-net.co.jp
 ・お電話から 0742-30-2568(営業窓口)
 ・FAXから 0742-36-3052 

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2 ┃編集後記
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日中はまだまだ暑いですが、夜間は涼しくすごしやすくなり、朝までグッスリ眠
れます。長かった夏の疲れを癒し、来たるべき冬に備えます。
クマのように冬眠したい、冬の嫌いな筆者でございます。

■□■―――――――――――――■□■――――――――――――■□■