TECNOS 徒然日記

   

>>テクノスホームへ

Vol. 17 2013年7月号


平年よりも13日早く、7月8日に梅雨明けとなりました。これから1か月半、暑さと
の戦いです。体に気をつけて、夏を乗り切りましょう。

名古屋大の研究グループが、マウスの実験から、肥満を防ぐ遺伝子「MRAP2」
を新たに見つけたと、19日の米科学誌サイエンスに発表されました。この遺伝子
の欠損したマウスの中には、正常なマウスと比べて体重が約2倍になる個体もい
たと報告されています。ただ、ヒトの肥満との因果関係はまだ不詳で、今後、関
連を特定する実験を進めるそうです。
さて、これまでの研究で、体重の制御にかかわる遺伝子は数十種類も見つかって
いますが、日本人は世界で2番目に太る遺伝子を多く持っているといわれています。
日本人の3人に1人は太りやすく、痩せにくい遺伝子を持っているそうです。この
ため,肥満に弱く、肥満症に陥ってしまった時に,減量の難しい人が多いのです。
健康な肥満は問題ないのですが、糖尿病や高血圧などの生活習慣病を合併す
ることが多いので、適正なカロリー摂取と適度な運動を心がけて、健康維持に努
めたいものです。

さて、今月は、X線検査装置開発の紹介です。

平成24年度「ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金」に、
弊社の「小型電子部品の非破壊検査用可搬型X線CT装置の試作開発」が採択され
ました。

http://www.chuokai-nara.or.jp/

□■ 今月の内容━━━━━━━━━━━

1.可搬型X線CT装置の試作開発の紹介
2.編集後記

■□■―――――――――――――■□■――――――――――――■□■

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1 ┃X線検査装置の紹介
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■可搬型X線CT装置の試作開発
X線を使えば、非破壊で物体の内部を観測することができます。X線検査は、品質
管理に欠かせなくなってきています。
ものづくり補助金を活用して、新製品を開発します。

○用途
  ・小型情報端末・家電製品の部品内部の欠陥検査など品質管理に
  ・化石等の考古物や昆虫、種子等の内部構造解析に
  ・貴金属宝飾品、美術工芸品の鑑定に
○コンパクトで軽量なので卓上に設置、しかも持ち運びができる
○機能
  CT画像表示
  CT画像の再構成、3次元化

○さて、新製品の開発にはお金がかかります。弊社は公的資金を積極的に利用し
ています。例えば、

 ・平成21年度ものづくり中小企業製品開発等支援補助金(試作開発等支援事業)
  「マルチフォーカス方式を用いた高速表面形状測定装置の試作開発」
 ・平成22年度戦略的基盤技術高度化支援事業
  「イメージ分光方式を用いた超高速全面膜厚測定技術の開発」

○また、産学官連携事業にも取り組んでいます。
 膜厚測定装置FTMシリーズは、第2回「ものづくり日本大賞」優秀賞を受賞しま
 した。
「産学官共同成果による「一分間に30万点の高速計測ができる膜厚測定装置」の
商品化」

仕様詳細、ご相談など、気軽にお問合せください。
 ・メールから info@tecnos-net.co.jp
 ・お電話から 0742-30-2568(営業窓口)
 ・FAXから 0742-36-3052 

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2 ┃編集後記
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
筆者はさほど、太っている方ではなく、学生時代とほぼ変わらない体重を維持し
ています。でも、ストレスには弱いようで、やっぱり、増えますねえ。ストレス
の原因が解消されると、元に戻ります。ある意味、極めて単純な性格なのかも。

■□■―――――――――――――■□■――――――――――――■□■


コメントを受け付けておりません。