TECNOS 徒然日記

   

>>テクノスホームへ

Vol. 13 2013年3月号


時が経つのは早いもので、もう3月です。3月1日は関東、九州、中国、四国で春一番
が吹きました。一方で、北海道や東北では暴風雪のため新幹線が脱線したり、死者
が出るなど大きな雪の被害が発生しています。
嵐でスタートの3月。でも、春はもうすぐ。

さて、住んでいる人が自然や気候の厳しさをどれだけ感じているかを、都道府県別
に調査した結果(出所:社会実情データ図録)があります。
「きびしくつらいと思うことがある」という人が上位を占めるのは、青森、秋田、山形、
新潟、北海道、長野といった冬季の積雪が多い地域。意外なのは、12位の沖縄。
強い太陽光と暑さ、台風の多さも原因かもしれません。また、鹿児島など、
気温の寒暖が厳しい地域も多いという結果がでています。
逆に、厳しさを感じている人が少ない下位3県は、神奈川、静岡、茨城で、気候が
温暖で過ごしやすく、台風被害なども比較的少ない地域です。
最下位は神奈川県で、最上位の青森との間には、実に、7倍の差があります。
自然や気候の厳しさは、人の意識のうえでも、かなり大きいことがうかがえます。
奈良の快適度は23位。お隣りの京都の32位に比べると、住みやすいということで
しょうか?

今月はマルチフォーカス外観検査装置の紹介です。
高倍率カメラで撮影すると、倍率を上げれば上げるほど被写界深度が狭くなって、
焦点面以外がぼやけてきます。このため、表面に微小な凹凸があるような測定物
を、画像処理を用いて外観検査する場合、検出精度が落ちる可能性があります。
テクノスは、発想の転換でこの課題をクリアしました。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1.マルチフォーカス外観検査装置の紹介
2.編集後記

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1 ┃マルチフォーカス外観検査装置の紹介
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

深い焦点深度の画像を得るひとつの方法は、レンズを移動して焦点位置を上下
移動させることです。しかし、この方法では、長尺状の測定物など広範囲を検査
する場合、時間がかかります。そこで、テクノス独自の技術でマルチフォーカス
(多焦点)レンズ方式の外観検査装置を開発しました。ラインセンサカメラのように
測定物をスキャンすると、撮像範囲のすべてに焦点の合った画像を取得できます。

●スキャン型の表面形状測定装置
凹凸があってもその範囲の画像をすべて撮像します。
焦点の合った画像を抽出し、1枚の画像に加工します。
・用途
凹凸のある表面形状の検査
3次元の高さ測定
深い焦点深度の画像取得
・レンズ倍率×10の場合
測定高さ分解能 1μm
測定巾 1.2mm
合焦高さレンジ 0.6mm
スキャン速度  1mm/sec
詳しくはこちら https://www.tecnos-net.co.jp/products/multi/

仕様詳細、価格については、お問合せください。
・メールから info@tecnos-net.co.jp
・お電話から 0742-30-2568(営業窓口)
・FAXから 0742-36-3052

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2 ┃編集後記
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3月といえば、梅見の季節。
梅の名所として有名なのが、奈良の月ヶ瀬です。五月川と渓谷に広がる梅林が見
事です。山頂まで登って渓谷を一望。ひと汗かいたあとは、温泉へ。土産ものや
さんあり、とれたて野菜の販売ありと楽しめます。

突然思い立って行った数年前は、すごく寒い日で雪が降っていました。この時期、
暖かだったり寒かったりと不安定なので、お出かけの際は天気予報のチェックを。
梅開花状況はこちらからどうぞ。

http://www.tsukigasekanko.jp/umefes/umekaika/

五月川沿いにかなり長い区間、梅が植えられています。
R4のドライブだけでも楽しめますよ。

*========*========*=======*=======*=======*=======*