TECNOS 徒然日記

   

>>テクノスホームへ

Vol. 11 2013年1月号


新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
テクノスは前進あるのみ、今年は飛躍の年にしたいと思います。

奈良県公式ホームページの(なぜか)河川課で大和の伝統行事やお祭り、イベン
トなどが紹介されていますが、この中に奇祭として有名な砂かけ祭があります

http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-17610.htm

砂かけ祭はオンダ(御田)ともいわれ、毎年2月11日に廣瀬神社(実は私の町内な
んです)で行われる御田植祭(おたうえさい)です。祭りは二部に分かれていて、
拝殿を田圃に見立て、苗代作りから田植えまでを行う「殿上(でんじょう)の儀(
ぎ)」が午前11時から始まり、午後2時からは拝殿前の広場で「庭上(ていじょう)
の儀」が営まれます。青竹を四本立て、注連縄を張って田圃に見立て、この田圃
で田人及び牛役と、参拝者が雨粒に見立てた砂をかけ合います。
この砂かけが激しいほど雨に恵まれ、秋に豊かな実りが訪れるといわれています。
見物に行く人は かなり砂をかけられるので、レインコート、帽子は必須です。
メガネ、マスクもあったほうがいいかも。

http://www.town.kawai.nara.jp/kakuka/kyoikuiinkai/syogaigakusyu_ka/bunkazai/

bunkazai_gaiyou/shiteibunkazai/cho_bunkazai/5gobunkazai.html

さて、今月はモニタ画面に表示された文字を読み取るOCRシステムの紹介です。
テクノスは画像処理のエキスパートです。生産現場で省力化をしたいが、世の中
にある汎用的製品ではうまくいかないといった場合にも、細かいところでお役に立
てることがあります。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1.モニタ画面OCRシステムの紹介
2.編集後記

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1 ┃モニタ画面OCRシステムの紹介
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あるシステムの出力結果を他のシステムの入力にしてバッチ処理することがよ
くあります。でも、出力がモニタ画面にしか表示されない場合、既存のソフトウェ
アも変更できず、目で見て数値を手入力し直すしかないなど、困ったことはない
でしょうか?これではオペレータが必要となり、現場での省力化は進みません。
こういった背景から、テクノスは結果画面をキャプチャしデータ化するツールを
開発しました。
単なるOCRではありません。テクノス得意の画像処理技術で、高い文字認識率を
実現しました。既存システムを変更することなく、複数システムをバッチ処理化でき
ます。

【特徴】
●OCRエンジンを強化
・既存装置の操作画面の表示文字をダイレクトに読み取りデータ化
・独自の画像処理技術で高い認識率

●既存システムはそのままに、複数システムのバッチ処理化
画面情報を新システムに取り込めるから、複数システムの連携が可能

その他、画像処理技術をベースとした様々な応用製品の開発に実績があります。
詳しくはこちらから

https://www.tecnos-net.co.jp/jirei/jireisyu/

仕様、価格については、お問合せください。
その他、お困りのことがあれば、気軽にご相談ください。
・メールから info@tecnos-net.co.jp
・お電話から 0742-30-2568(営業窓口)
・FAXから 0742-36-3052

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2 ┃編集後記
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前述の廣瀬大社は、あまり大きくない神社で普段は閑散としていますが、砂かけ
祭のときはかなりの人出です。町内から臨時バスが出るのですが、バスや電車で
出かけるのが苦手な私はまだお祭りに行ったことがありません。知人に聞くと、
びっくりするほど勇壮で、「砂が痛い!」と言っていました。ぜひ一度は見てお
くべきとのことです。死ぬまでになんとか見たいと思いつつ。。。
*========*========*=======*=======*=======*=======*


コメントを受け付けておりません。