信号発生器ならテクノス TSシリーズ

FPD(フラットパネルディスプレイ)の試作モジュール点灯確認、動画・タッチパネルデモ、タイミング評価、工程検査、エージング検査に威力を発揮します。

多機能性とコンパクト性を同時に実現したTS-5000と、小型・軽量化、低価格を追及したTS-300を揃えています。

特長

    技術評価から生産まで一貫したシステムを提案します。

  • タッチパネル付きFPDの検査・評価はパソコン不要、デモストレーションにも対応
  • 汎用入力にも十分なIFコネクタで、各種センサーと連動させてデモンストレーション
  • 工程検査向けに、操作部引き出し用コネクタを利用して遠隔操作可能

テクノスの信号発生器を応用して、評価・検査システムを構築できます。システムの開発事例はこちらをご覧ください。

豊富なバリエーション

  • デモ・評価に、IF(インターフェース)基板を用いて、2台同時駆動で比較検証
  • 延長用基板と分配基板で、複数のFPDモジュールを点灯
  • 拡張用コネクタがあり、様々な目的の基板をカスタム製作。試作でも量産工程でもお役に立てます。

TS-5000 多機能ながらコンパクト

機能 最大画素数:WUXGA(1,920×1,200)縦横任意設定
データバス幅:24bit×2ch
標準インタフェース基板の汎用電源はプログラマブルで4.5~25[V]の範囲で幅広く使用でき、OTP書込みに便利
デモンストレーション タッチパネル付きFPDの検査・評価はPCが不要で、デモにも対応
カメラモジュールの撮像信号をFPDへ表示、各種センサーと連動させてデモできます。
工程検査向け 操作部引き出し用コネクタを利用して遠隔操作可能
技術評価から生産まで一貫したシステムを提案します。
オプション 標準インタフェース基板で既存機種基板と勘合
プログラマブル電源3系灯
バックライトLED用電源2系統
レベルシフタ 1.6~5.0[V]
簡易電流計測機能
2モジュール同時駆動

TS-300 わずか65gの小型・軽量性が自慢

機能 最大画素数:XGA(720×1,024)縦横任意設定
RGB IF+SPI転送に関して標準出力
VSYNC,HSYNC,DOTCLK,DEタイミング調整、極性設定が可能
シリアルIF(8ビット、16ビット等)CS,CLKの極性設定
プログラマブル電源2系統(VDD:1.6~5.0,VDDI:1.6~3.6V)
テキストシーケンスに対応(ONシーケンス、OFFシーケンス)、登録は64種類
静止画(自然画bmpファイル) 14枚まで登録
画像表示はDVI動画、順次送り、スライドショー テストパターン表示
特長 操簡単操作で誰でも使えるデモモード表示
低消費電力(USBからの給電で動作可)
低価格で顧客配布用に最適
オプション バックライトLED用電源2系統
複数点灯に対応
Mipi,MDDIのモジュールに対して変換基板経由での点灯実績あり