光学特性測定システム

FPDモジュールの各種光学特性(視野角特性、輝度、コントラスト、RGB色度、ガンマ特性、フリッカー、消費電力など)を自動測定するシステム「FMシリーズ」です。

特長

高い拡張性と豊富なオプションが自慢です。
基本構成は、輝度計、信号発生器、測定用専用ソフトウェアのシンプルなものですが、お客様の要望に応じて、システムアップが可能で自由度の高い測定環境を構築します。

システム概要

システム概略構成

輝度計、信号発生器、測定ステージを組込んだシステムはもちろん、お客様がお手持ちの輝度計を用いたシステムアップまで細やかに対応します。

測定項目

  • モジュール消費電流・輝度
  • コントラスト
  • 階調特性・クロストーク率
  • バックライト輝度
  • 視野角
  • RGB色度
  • 応答時間
  • フリッカー
  • その他(VESA,TCO99)対応可能

測定条件や設定をスクリプトファイル化できるので、自由度の高い測定環境を構築できます。
測定データはエクセルで任意のレポート形式に自動出力可能です。

システム化の事例

FM-7000
FM-700
FM-1100M
超大型FPD用(70インチ)
XYZステージ、
回転ステージα・θ
中小型FPD用(10インチ)
パネル取り付け後、
ステージが回転±90度
小型FPD用(4インチ)
テクノス製信号発生器を使用し、
最大8モジュールまで一括測定

コメントは受け付けていません。

ページのトップへ戻る