マルチフォーカス外観検査装置

リアルタイムに形状データ・全焦点画像の取得・処理ができる!!
マルチフォーカス外観検査装置
本装置は、スキャン型の表面形状測定装置です。
マルチフォーカス(多焦点)レンズを独自開発しました。ラインセンサカメラのように測定物をスキャンし、焦点の合った画像を取得できます。

特長と用途

マルチフォーカス方式測定
<特徴>
   凹凸があってもその範囲の画像を総て撮像し、
   焦点の合った画像を抽出、1枚の画像に加工します。

<用途>
   ■ 凹凸のある表面形状の検査
   ■ 3次元の高さ測定
   ■ 深い焦点深度の画像取得

基本仕様

検査対象:  金属、紙、フィルム、プラスチック など (表面が鏡面状のもの、透明なものは不可)

レンズ倍率 ×10 ×1
測定高さ分解能 1μm 10μm
測定幅 1.2mm 12mm
合焦高さレンジ 0.6mm 6mm
スキャン速度 1mm/sec 10mm/sec

 

測定例

測定物 矢印赤枠部分のすべてに焦点の合った画像を取得 撮像結果

コメントは受け付けていません。

ページのトップへ戻る