ご依頼の流れ

製造・生産工程の自動化がどんどん進む一方、検査工程ではいまだに人による目視検査が多いのが現実です。なんとか自動検査で省力化・効率化を図りたいとトライされている企業様から、「うまくいかないんですよね」といった声をよく聞きます。

  • 製品について常に高い品質を確保したい、
  • 既存の検査機器では、すべての自動化は無理、
  • 既存の検査装置では、設置スペース等の問題で自社工程に導入できない、
  • 費用対効果の面で悩んでいる、
  • 結局、目視検査による人海戦術に頼るしかないのか、、、などなど。

不良品の流出は品質の低下に繋がるのでなんとか防ぎたい!、検査の自動化でコストを削減したい!、企業利益を追及したいわけですが、まだまだ、ものを認識・判別する力では人間に勝るものはないのが実情です。

しかしながら、人のようにオールマイティーでなくても、用途と目的を明確にすることで、貴社の工程に最適な検査システムの構築は可能です。だからこそ、テクノスは、お客様の問合せから、ご要望を丹念にヒアリングし、納得いくまで話し合うことを大切にします。そして、お客様に適切な検査システム、画像処理応用システムを提案します。また、ご要望に応じて装置の設置、調整作業まで一括して行います。

ご依頼の流れ

問い合わせ サンプル評価環境

サンプル評価環境

  • エリアセンサカメラ、ラインセンサカメラ(カラー、モノクロ)
  • 各種照明機器
  • カメラスタンド、XY軸ステージ、3Dプリンター
  • その他各種評価用装置
imagebunko AK micro-min
イメージ分光方式測定装置
膜厚測定や色調測定など、近赤外域の分光データを利用した測定に適しています。
高解像度画像撮像装置
高解像度ラインセンサとオートフォーカスでミクロンオーダーの測定を高速に行います(微分干渉計付き)。
微分干渉顕微鏡

まずは、お問合せください。
お電話いただくか、メールあるいは、以下をクリックいただくとフォームからの送信が可能です。

コメントは受け付けていません。

ページのトップへ戻る