環境方針

基本理念

テクノス株式会社は、「豊かな心と豊かな創造」を企業理念とし、社会が求める先端技術と、マネジメント全般を含めた独創的な技術、ノウハウを開発し、新しく豊かな想像力で社会の平和と繁栄に寄与し、世界の人々から愛され信頼される企業になることを目標とします。この豊かな地球を我々の子孫に継承するため、人類の繁栄を持続させるために、我々の事業活動や製品を「地球環境」に適合させていきます。

方針

  1. テクノス株式会社は、測定・検査機器、省力化機器の設計・製造・販売、各種ソフトウェアの開発と販売を行うにあたり、環境保全を企業経営の最重要課題の一つと捉え、技術的・経済的に可能な限り、環境マネジメントシステムを定められた適用範囲の中で継続的に改善し、汚染の予防を行う。
  2. 環境に関連する法規制・条例、及び取引先との協定やテクノスが同意した利害関係者の要求事項を遵守する。
  3. 環境に著しい影響を与える可能性の有る項目については、「目的・目標」を定める時及び見直す時に確実に考慮する。その中の重要事項を、以下のように定める。
    ① 品質改善による「地球環境保全」に配慮した新商品開発と事業活動
    ② 「省エネルギー」による事業活動により「地球環境保全」に対する一層の責任を果たす
    ③ 顧客の満足度と信頼を獲得するため効率的な設計・開発業務を行い環境負荷の低減をする
    ④  企業の社会的責任を果たすための社内の緑化活動と地域の清掃活動への参加
  4. 地域社会の一員として、地域の環境保全活動に積極的に参加し近隣とのコミュニケーションを図る。
  5. 生物の多様性を維持するため、産業廃棄物の排出は今後とも法に従い適切な処理を行う。
  6. 経営方針発表会や役職者を通じて、環境教育を行ない、環境方針をテクノスで働く又はテクノスのために働く全ての人に周知し、実行し、維持する。
  7. この「環境方針」は、一般に公開する。

2017年8月1日
テクノス株式会社
環境経営責任者 代表取締役社長
白崎 浩良

コメントは受け付けていません。

ページのトップへ戻る