会社沿革

平成2年8月 奈良県大和郡山市において、民生機器の総合技術開発・製造、コンピュータシステムの開発・販売を目的として、テクノス株式会社を設立
平成4年 通産省委託プロジェクトの開発に参加
フルカラースキャナ開発
平成5年 本社を奈良市(現在地)に移転
液晶分野に進出
厚生省委託プロジェクトの開発に参加
平成6年 液晶光学特性評価装置の開発
平成8年 通産省 新技術開発補助金の認定を受ける
通産省 中小企業・創造的活動法による事業化認定を受ける
平成9年 FPD品位検査装置の開発
平成10年 NBK大賞 技術開発部門賞を受賞
平成11年 「高解像度平面ディスプレイ自動検査システム」の開発が科学技術振興事業団の「平成11年度独創的研究成果育成事業」の課題に選定される
平成12年 CCD非接触振動測定器「ユレトール」の開発
平成13年 熊本大学構内に「熊本研究所」を設立
新しい概念の露光装置の共同開発プロジェクト(熊本大学、ソニー、熊本テクノロジー)スタート
経済産業省 新事業創出促進法による新事業分野(FPD品位検査装置)開発実施計画の認定を受ける
平成14年 ISO14001の認証取得
ガラス基板部品実装検査装置の開発
信号発生器(モバイルFPD用評価・検査システム)の開発
平成15年 国家プロジェクト「フューチャービジョン社」に膜厚ムラ検査装置1号機を納入
平成16年 台湾2社、韓国1社と代理店契約
平成17年 「第2工場」(奈良市本社隣接地)設立
「熊本開発センター」(くまもとテクノ産業財団共同研究棟内)設立
「平成16年度関西推奨エコオフィス賞」受賞
平成18年 「膜厚取得方法」(特許番号第3742801号)が平成18年度近畿地方発明表彰で「中小企業長官奨励賞」を受賞
平成19年 第2回「ものづくり日本大賞」優秀賞受賞
”産学官共同成果による「一分間に30万点の高速計測ができる膜厚測定装置」の商品化”
平成20年 元気なモノ作り中小企業300社2008年版に掲載される
平成21年 平成21年度ものづくり中小企業製品開発等支援補助金(試作開発等支援事業)に「マルチフォーカス方式を用いた高速表面形状測定装置の試作開発」が採択される
平成22年 平成22年度平成22年度戦略的基盤技術高度化支援事業に「イメージ分光方式を用いた超高速全面膜厚測定技術の開発」が採択される

 

コメントは受け付けていません。

ページのトップへ戻る