COG/TAB実装検査装置

FPDガラス基板の部品実装状態を、微分干渉顕微鏡、ワーク移動ステージ、高解像度CCDカメラ、画像処理システムを用いて高速移動検査を行います

COG/TAB実装検査装置

COG/TAB実装検査装置

特徴

・従来の顕微鏡を用いた目視検査装置に比べ大幅な検査精度の向上と検査効率の上昇を実現しました。
・検査項目、検査スケジュール、良否判定レベルを用意に変更することが可能です。
・検査結果や検査画像をデータベースに登録し、工程分析、不良解析が可能です。
・モバイル用小型FPDから大型テレビFPDまで、様々なサイズに対応します。

    コメントは受け付けていません。

    ページのトップへ戻る